ASKAの2022年現在の顔画像は?若い頃はイケメンで才能の塊だった!

ASKAの2022年現在の顔画像は?若い頃はイケメンで才能の塊だった!男性


ASKAは薬物事件の影響か、2022年になった現在でもテレビでその顔をみたり、メディアで顔の画像を見る機会は減っています。

そんなASKAの年齢は、2022年現在でなんと64歳!

「ASKAの現在の顔画像はどうなってるんだ!?」と気になる方も多いでしょう!

現在のASKAは、すっかり64歳らしいおじいちゃんになってしまっているのでしょうか!?(笑)

本記事では、気になる2022年現在のASKAの顔画像をまとめています!

ASKAの2022年現在の活動内容や、若い頃のイケメン写真などもまとめていますので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね!

スポンサーリンク
Sponsored Link



Sponsored Link




ASKAの2022年現在の顔の画像はこれ!

ASKAの2022年現在の顔画像は?若い頃はイケメンで才能の塊だった!

ここでは、2022年現在のASKAの顔画像を3つご紹介します。

  • ASKAと澤野弘之のツーショット写真(2022年11月)
  • ASKAと松浦航大のツーショット写真(2022年10月)
  • ラフ&ミュージック出演時のASKA(2022年9月)

もったいぶってもしょうがないので、さっそく見ていきましょう!

ASKAと澤野弘之のツーショット写真

最初にご紹介するのは、2022年11月7日に作曲家の澤野弘之が投稿したASKAとのツーショット写真。

こちらが、2022年現在のASKA(右側の人)の顔画像です!

「う~~~ん、ASKA若いな!」というのが筆者の初見の感想ですね。

2022年現在のASKAの顔画像は、とても64歳には見えませんよ(笑)

服装も黒一色でイケイケですね。

ちなみに澤野弘之の年齢も気になったので、調べたら42歳でした。

20~30代の兄ちゃんって感じに見えたので驚き!

これも隣に若々しい64歳のASKAがいるおかげでしょうか(笑)

2022年現在のASKAの顔画像は、めちゃくちゃ若々しくて元気そうだということが分かりました。

ついでに宣伝しておくと、ツイートにも書かれている「地球という名の都」という楽曲で、作詞とボーカルをASKA、作曲を澤野弘之が手掛けてコラボレーションしています。

「地球という名の都」が収録されたアルバムは、2023年1月18日に発売予定とのこと!

ASKAファンなら、買いですね!

ASKAと松浦航大のツーショット写真

お次に紹介する2022年現在のAKSAの顔画像も、ツーショットです。

2022年10月9日、「長岡 米百俵フェス ~花火と食と音楽と~ 2022」というイベントにASKAが参加しました。

同じくモノマネ歌手として活躍している松浦航大も参加しており、その時に一緒に撮られたと思われるASKAの顔画像となります。

1枚目にご紹介した2022年現在のASKAの顔画像より、ちょっとお疲れ気味?(笑)

外で撮られている写真ということもあり、よりリアルな2022年現在のASKAの顔画像だといえそうですね。

とはいえ、2022年現在のASKAの顔画像は64歳には見えませんよね。

全然40~50代って言われても違和感はありません。

ちなみに隣にいる松浦航大は2022年現在で29歳で、さすがの若々しさです。

ラフ&ミュージック出演時のASKA

ASKAは2022年9月11日にフジテレビで放送された「FNS ラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~」の第2夜に登場。

1991年に発売された「太陽と埃の中で」を歌い上げました。

顔画像と言いましたが、どうせならお話している2022年現在のASKAも見たいですよね。

YouTubeに2022年現在のASKAのトーク動画がアップされていたので、ぜひご覧ください!

2022年現在のASKAの顔画像・・・ならぬ顔動画(?)を見ても、64歳とは思えませんよね。

芸人や中居正広とも、スラスラとトークしていて、まったく衰えている感じはなさそうです!

笑顔もこぼれていて、2022年現在のASKAはとても接しやすそうな感じもありましたね。

だからこそ、澤野弘之や松浦航大もASKAとのツーショット写真を撮れたんだなと腑に落ちました。

そして、意外にもASKAはお笑いが好きなようですね。

このコロナ禍でお笑いの力を痛感したとASKAは語っています。

笑顔は免疫力アップにつながって、健康にも良いとずっと言われてきていますからね。

2022年現在のASKAの顔画像がこんなにも若々しいのは、お笑いの力があったからなのかも?


Sponsored Link




ASKAの若い頃、めちゃくちゃイケメン!

ASKAの2022年現在の顔画像は?若い頃はイケメンで才能の塊だった!

ASKAは1979年に「チャゲ&飛鳥」で21歳の時にデビュー。

そこから山あり谷あり色々ありましたが、ASKAが2022年現在まで歌手として活動してきました。

そんなASKAの若かりし頃は、めちゃくちゃイケメンで大人気でした!

まあ、2022年現在のASKAの顔画像を見ていただければ分かりますよね、イケメンの名残りがあります(笑)

というわけで、ここから若い頃のASKAの写真をご紹介していきますね。

まずはもっとも若い時のASKAの写真を見てみましょう。

1979年に「ひとり咲き」でデビューした時のジャケット写真です。

ジャケットの右側に移っているのがASKAです。

2022年現在の顔写真と比較して、どことなく面影を感じますよね!

髪型は昭和感ありありですが、甘いマスクでモテたんだろうなあ・・・というのが伝わってきます。

お次は、1991年頃に撮られたと思われるASKAの顔画像です。

お~、若い頃のASKAの顔画像、めっっちゃイケメンです!

目力もキリッとしてて、男である筆者も思わず「かっこいいなあ・・・」とつぶやいてしましました(笑)

アプリの加工とかまったくない時代にこのASKAの顔画像ですからね、完璧なイケメンです。

「ジャニーズのASKAです」と言われても、まったく違和感ありません。

この時代にSNSがあったら大バズりしていたでしょうね(笑)

そして最後は・・・やっぱり、昔のASKAがしゃべっているところも見たいですよね。

イケメンっていうのは、しゃべり方も動きもかっこよくてイケメンなんですよ!

ふにゃふにゃ動いてたらイケメンじゃありません!(笑)

というわけで、1991年にASKAが「笑っていいとも」に出演した時の動画がYouTubeにあがっていたので、見てみましょう!

いや~~~、ASKAかっこいいですね。

ルックスがいいのはもちろん、落ち着きのある声で繰り広げるタモリとの軽妙なトーク・・・ずっと聞いていられます。

コメント欄も「かっこよすぎる!!!」「優しさもあって全てにおいて完璧」などとべた褒めです。

2022年現在もASKAにファンがいるのも、納得のイケメンっぷりでした!


Sponsored Link




ASKAの2022年現在の活動はディナーショー?

ASKAの2022年現在の顔画像は?若い頃はイケメンで才能の塊だった!

2022年も若々しい顔画像のASKAですが、現在どのような活動をしているのか気になりますよね。

2022年現在のASKAはあまり表立ってメディアには出ていないものの、シングルやアルバムなどは定期的にリリースしています。

そして歌手といえば、ディナーショーなんかをやってるイメージがありますよね。

しかし、意外にもASKAは2022年までディナーショーをやったことがありませんでした。

2022年の12月5日に、ASKAは福岡の地で人生初のディナーショーを開催したのです。

43年以上音楽活動をしてきて、初めてのディナーショー!

ASKAのブログではディナーショーは「観るのも行うのも人生初」と綴られていました。

(観るのも初めてなのか・・・(笑))

これにはASKAファンも大歓喜!

ブログには「ASKAの手の甲に触りました!」「肩にサラッと触った」などのコメントがあり、かなり距離の近いディナーショーだったことが分かります。

そして「お乱れ」という謎の単語も飛び交っています(笑)

このようにASKAに足を踏まれて喜んでいるファンも・・・カオスだ(笑)

そして2022年12月は、以下のようにまだまだASKAはディナーショーを開催予定です。

日時場所
2022年12月20日(火)ザ・プリンス パークタワー東京
2022年12月22日(木)リーガロイヤルホテル広島
2022年12月26日(月)リーガロイヤルホテル大阪

というわけで、ASKAは2022年12月までディナーショーをやったことがありませんでしたが、今後は定期的にやっていきそうですね!

ASKAの「お乱れ」な姿を見たい方は、ぜひ行ってみましょう!(笑)

ちなみにASKAはディナーショー以外では、音楽イベントやラジオなどに出演するなどして活動しています。

ASKAのファンクラブもあるので、ASKAの活動を支えたい・追っかけたい人はぜひ加入しましょう!


Sponsored Link




ASAK若い頃は才能の塊だった!?

ASKAの2022年現在の顔画像は?若い頃はイケメンで才能の塊だった!

2022年現在でも、数多くのファンを率いているASKA。

そりゃ昔のASKAも、2022年現在のASKAの顔画像もイケメンだから・・・という理由だけではありません。

ASKAは若いころから才能の塊だったからこそ、2022年現在も多くの人たちを魅了しているのです!

ここからはASKAの才能について、詳しく解説していきますね。

圧倒的な歌唱力

ASKAといえば、「SAY YES」と「YAH YAH YAH」は誰もが知っている二大名曲です。

SAY YESは280万枚以上、YAH YAH YAHは240万枚以上のCDを売り上げています。

筆者は特に「ヤーヤーヤー」のあの伸びやかな歌声が、今でも余裕で脳内再生されますね(笑)

そして特徴的なのは、良い意味で「ねっとり」しているASKAの歌声でしょう。

2022年現在まで、そのねっとりっぷりは進化し続けています。

この歌唱法については2004年に放送された「HEY!HEY!HEY!」という音楽番組で「言葉をなるべく長く引っ張って、柔らかくメロティに利かせるために編み出した手法」と語っています。

ASKA的には日本語は「カクカクシガジカ」な感じがあるので、柔らかくねっとりさせているとのこと。

う~ん、天才にしか分からない感覚なのでしょうか(笑)

しかし、この独特のASKAの歌い方で多くの方が魅了されているのです。

そしてASKAは声量も半端ありません。

声量がすごすぎて、テレビに出てくるたびに口パクを疑われているレベルです。

マイクから離れてるのに声がめちゃくちゃ聞こえるので、口パクが疑われるようですね。

また声の研究家である山崎広子という方もASKAの歌声は「非常に細かなニュアンスを絶妙なバランスで出している」「絶妙な声の揺らぎが、歌詞の感情とリンクして聞き手の情感を揺さぶる」と分析し、絶賛。

また、小室哲哉もASKAの歌声は「国宝物」だと評価しています。

このようにASKAの歌唱力は若い頃から評価されており、そして2022年現在も多くのファンを魅了してるブラボーな歌唱力なのです。

天才的な作詞作曲の能力

ASKAはご紹介した通り歌唱力が抜群なので「ボーカルの人」という認識に留まっている人が多いのではないでしょうか。

実はASKAは作詞作曲も手掛けています。

しかも自分の曲だけじゃなくて、他の人の曲も作詞作曲をして提供しているのです。

ASKAが手掛けた代表的な楽曲は、以下の通り。

  • SAY YES
  • YAH YAH YAH
  • めぐり逢い
  • ガラスの十代
  • パラダイス銀河

そう、SAY YESもYAH YAH YAHもASKAが作詞作曲してるんですよ!

そしてパラダイス銀河やガラスの十代も、誰もが一度は聞いたことのある名曲でしょう!

特にね、YAH YAH YAHはサビが「ヤーヤーヤー」だけで歌詞がないんです!

これには衝撃を受ける人が多かったとともに、ASKAを「天才」だと評価する人が多かったです。

また、ASKAの作詞・作曲の才能っぷりは、同じ音楽業界の人たちからもめちゃくちゃ評価されています。

音楽界のトップを走っている星野源は「メロディ、歌詞、歌声、すべてが魅力的」だと語っています。

2012年に行われたインタビューでも、星野源は「あまりにもすごすぎて、誰も真似できないところまでいっちゃってる」とASKAを絶賛。

このように同じアーティストからも評価されるほど、ASKAは作詞作曲の才能もあったのです。

ルックスもよくて、歌もうまくて、作詞作曲もできて、バラエティ番組でトークもできる・・・若い頃のASKAは才能の塊といって間違いありませんね。


Sponsored Link




まとめ

2022年現在のASKAの顔画像は、64歳とは思えない若々しい姿をしていました。

若いアーティストやお笑い芸人とも気さくに話をしていて、2022年現在のASKAは周りの方からも慕われている感じでしたね。

さらに2022年12月から、ASKAは人生初のディナーショーを開催!

ASKAファンもASKA自身も大満足のショーだったようで、2023年以降も定期的に開催するんじゃないかなと思われます。

若い頃からイケメンで才能の塊だったASKA・・・それは2022年現在でも健在です!

これからもドンドン歌番組に出演してもらって、ぜひ音楽界をASKAに盛り上げてもらいたいですね!

Sponsored Link




タイトルとURLをコピーしました