BLACK PINKの契約終了・解散はいつになる?7年目のジンクスは?

BLACK PINKの契約終了・解散はいつになる?7年目のジンクスは?K-POP

K-POPの中でも世界的な活躍で大人気のBLACKPINK。

BLACKPINKは、アーティストとしてYouTubeチャンネル登録者数1位になったことも記憶に新しいかと思います!

しかし、K-POP界には魔の7年目のジンクスが…。

韓国のアイドルグループは、活動から7年目を節目にメンバーの脱退や解散することがジンクスとなっているのです。

個人としての活躍も順調なBLACKPINKですが、彼女たちも7年目のジンクスの波にのまれてしまうのでしょうか。

そもそもBLACKPINKはいつ事務所の契約が終了するの?

BLACKPINKは契約が終了したら解散してしまうの?

詳しく見ていきたいと思います!

BLACKPINK契約終了予定はいつ?

BLACK PINKの契約終了・解散はいつになる?7年目のジンクスは?
BLACKPINKは韓国のガールズグループであり、歌・ダンス・ビジュアルの三拍子揃った最強の4人組。
YGエンターテインメントから、BIGBANGの妹分として2016年8月8日にシングルアルバム「SQUARE ONE」でデビューしました。
デビュー当時から圧巻のパフォーマンスで世界中を驚かせました。
息ピッタリのダンスは凄いですよね!
BLACKPINKはデビュー前に4年ほど練習生として下積みもあり、結束力があるのでしょう。
お互いに切磋琢磨し、デビューとなった時はとても嬉しかったことでしょう。
そんな2016年に華々しいデビューを飾ったBLACKPINKですが、現在は2022年。
早くもデビューから6年経ちました。
そして、BLACKPINKは所属事務所との契約終了は2016年から7年後である、2023年を予定しています。
そもそも、なぜ韓国では「魔の7年目のジンクス」があるのかというと、芸能人の専属契約の期間が最大7年であるからなのです。
7年ってなんだか中途半端な気もするのですが…。
韓国ではそれが当たり前なのですね!
このことから、事務所との契約終了=解散と想定されているのでしょう。
それでは、現在も大人気のBLACKPINKは本当に2023年に解散してしまうのでしょうか?
もちろん、契約終了後の再契約も考えられますよね!
続けて見ていきましょう!

BLACKPINKは契約終了と共に解散する?

BLACK PINKの契約終了・解散はいつになる?7年目のジンクスは?
BLACKPINKは2023年に契約終了予定であることが分かりました。
そして契約終了を迎えることで、BLACKPINKは再契約することなく解散してしまうのでしょうか?
2023年にBLACKPINKは
  • 事務所との所属契約を更新してグループ活動を継続
  • 事務所との所属契約を終了し、グループを解散
以上のいずれかを決めることになります。
もしBLACKPINKが解散するのであれば、やはり時期としては所属事務所との契約終了時期である2023年のタイミングとなるでしょう。
2022年8月の執筆時現在はまだ解散の意向は示していません
BLACKPINKファンとしては、続けてまだまだ活躍してほしいですよね!
まだまだ4人の息の合ったパフォーマンスを見ていたいです。
最近では4人それぞれがソロ活動も目立っています。

個人として活動を行う中でも、グループとしての統一感もあり仲良しなメンバーたち!
ファンとしても、とても微笑ましく嬉しいですね。
ぜひともこのまま4人揃って契約を更新し、グループでの活動を続けてほしいです。
しかし、やはり過去にはK-POP界では7年ジンクスのとおり、活動期間7年で解散しているグループは多数あるのが事実です。
4Minute 活動期間:2009年~2016年(7年間)

2NE1 活動期間:2009年~2016年(7年間)

miss A 活動期間:2010年~2017年(7年間)

みんな人気絶頂の中でも、契約終了のタイミングで解散しているのですね…。

なんだか韓国の闇を感じます。

グループ推しのファンもたくさんいるのに解散とは悲しい!
やっぱりBLACKPINKもグループ解散の道を選んでしまうのでしょうか?
しかし、安心してください!
韓国にも7年以上グループとして活動しているグループも、もちろん存在しますよ♪
続けてご覧ください。

7年目のジンクスを乗り越えたガールズグループは?

韓国にある忌々しい7年目のジンクス。
BLACKPINKファンとしてはハラハラしますが、7年目のジンクスを乗り越えたガールズグループを見て安心してください!
ジンクスに打ち勝ったツワモノはこちら。
Apink 活動期間:2011年~

Apinkは、2017年全員がグループとしての活動を継続。
Apinkは7年のジンクスに打ち勝った形となりました!
その後ナウンのみ、2021年5月にBLACKPINKと同じYGエンターテインメントに移籍。
事務所の垣根を超えてグループ活動を続けていましたが、2022年に脱退しました。

しかし、その他のメンバーはまだ解散を選ばずグループ活動を継続。
ファンとしては感動ですよね!
メンバーはソロ活動も精力的に行っていますが、楽曲の定期的なリリースや、日本のファンクラブサイトも更新しています。

ソロでの活躍ももちろん嬉しいけど、やっぱり原点であるグループとしての活躍を見ると感慨深いです。
ぜひともBLACKPINKにも、Apinkのようにグループ継続を決断してほしいです!

BLACKPINK、新曲‘Pink Venomの勢いがやばい

BLACK PINKの契約終了・解散はいつになる?7年目のジンクスは?
それでは、最近のBLACKPINKの活躍について見ていきたいと思います!
BLACKPINKは前作のアルバムである「THE ALBUM」から約2年ぶりとなる新曲、「PinkVenom」を2022年8月19日にリリースしました。
やはり4人揃ってのパフォーマンスは圧巻ですね。
PinkVenomはYoutube公開後、約30時間で再生回数が1億回を突破!
この記録はなんと、K-POPのガールズグループの最短記録となりました。
BLACKPINKの人気がよく分かる記録ですよね!
そして、PinkVenomは9月16日にリリース予定である2ndアルバム「BORN PINK」の先行公開曲となっています。
PinkVenomの盛り上がりの効果もあってか、2ndアルバム「BORN PINK」の予約販売は開始1週間で注文数が150万枚を突破
BLACKPINKのファンたちの盛り上がりは、どんどんヒートアップしています!
これだけのファンがおり、アーティストとしての立ち位置を確立しているBLACKPINK。
彼女たちの人気は留まることがないようですね。
そして、2022年10月からはワールドツアーを開催することが決定しています!
恐らくこのまま契約終了で解散とはならず、グループとしての活躍を続けてくれることでしょう。

まとめ

様々な記録をどんどんと塗り替えていくBLACKPINK。

BLACKPINKはデビュー後もますます人気がでているのですね!

そして、韓国では専属契約期間7年の縛りがあることがわかりました。

BLACKPINKは2023年に解散することなく、グループ継続を決断してくれるのでしょうか。

まだ正式な発表は出ていないものの、仲がいいことでも知られている彼女たち。

BLACKPINKは魔の7年ジンクスと言われる2023年を乗り越えてくれるでしょう!

これからのBLACKPINKのますますの活躍に期待しています。

タイトルとURLをコピーしました