岸井ゆきのの父親は古屋隆太ではなかった!じゃあ一体誰なの?

岸井ゆきのの父親は古屋隆太ではなかった!じゃあ一体誰なの?女性
岸井ゆきのの父親って一体誰なのか?
一説には古屋隆太であるなんて噂も立っている様なのですが、本当なんでしょうか?
岸井ゆきのは演技もナチュラルで上手いので、父親が古屋隆太で2世俳優だと言われても妙にしっくりきます。
しかし、岸井ゆきのの父親は俳優の古屋隆太では有りません!
では、岸井ゆきのの父親は一体誰なのか?
気になるところですね。
ここからは、岸井ゆきのの本当の父親は誰なのか?
なぜ古屋隆太が父親だと噂が立ってしまったのかなどについて詳しく解説していきます。
スポンサーリンク
Sponsored Link


岸井ゆきのの父親、古屋隆太ではない!

岸井ゆきのの父親は古屋隆太ではなかった!じゃあ一体誰なの?
世の中になんとなく流れる噂を信じてしまって、岸井ゆきのの父親は古屋隆太だと思っていた人は多いかもしれません。
しかし、ココできっぱりと否定しておきます。
残念ながら岸井ゆきのの父親は古屋隆太ではありません。
岸井ゆきのの父親が誰なのかという答え合わせの前に、なぜ岸井ゆきのの父親は古屋隆太だという噂が立ったのか?
解き明かしてゆきましょう。
まず岸井ゆきのの父親だとして噂されていた、古屋隆太のご尊顔!です。
イケメンおじですよね。
こんなイケメンだったら、もう父親でいい・・・なんて思う人は必ずいると思います(笑)
この古屋隆太と岸井ゆきのが親子だとして噂されたきっかけは、「あの山の稜線が崩れてゆく」という舞台での共演です。
この舞台で岸井ゆきのと古屋隆太は共演、古屋隆太は岸井ゆきのの父親役を演じています。
この時に母親役の石橋けいと岸井ゆきの、古屋隆太の3人で写真を撮ったようなのです。
その役柄で親子を演じた3人が一緒に写っている写真を見た人が、本当の親子だと勘違いしたことが、岸井ゆきのと古屋隆太が親子であると噂が立ったきっかけです。
写真一枚で親子だと勘違いするってどんな写真なんだろうと気になりますよね。
その写真とは・・・
母親役の石橋けいと父親役の古屋隆太が岸井ゆきのを間に挟む形で抱き合って顔を寄せている、3人の親子仲睦まじいものでした。
同じ舞台に出演している仲のいい共演者だとしても、抱き合って写真を撮ることは中々なさそうですよね。
つまり、父親、母親、娘を演じ古屋隆太と石橋けい、岸井ゆきのの仲が相当良いということがわかりますね。
しかも、笑い方もそっくりで本当の親子のようです!
単に舞台の共演で集まった3人という関係性しかないのに、何故こんなにも親子の様にそっくりに割るのだろうか・・と不思議になるほどです。
実は、親しい仲にはミラーリング効果というものが働きます。
ミラーリング効果とは
「同調効果」「ミラー効果」ともいわれます。
人は尊敬や好意の気持ちがある人のしぐさや表情、動作を無意識のうちに真似してしまうことです。
このミラーリング効果が働くと表情が似ます。
夫婦やカップルで顔が似てくることがあるのはこのミラーリング効果が働いているためです。
舞台の練習中に顔を合わせることも多く、本当の親子のように接していたため、ミラーリング効果が働いて表情が似てきたのでしょう。
そんな親子3人の写真を見てしまったら、本物の父と娘、親子だと勘違いするのも無理はありませんね!

岸井ゆきのの父親は一体誰?

岸井ゆきのの父親は古屋隆太ではなかった!じゃあ一体誰なの?
岸井ゆきのの父親は古屋隆太ではありませんでいた。
違うとなると、岸井ゆきのの父親は一体誰なのか?
気になるところですよね?
あれだけ演技力のある女優なので古屋隆太以外の俳優の娘?
2世俳優という事も考えられます。
目一杯ネットの隅から隅までありとあらゆる内容で調査をしてみたのですが、
岸井ゆきの父親に関する情報は皆無。
2世俳優だとしたら父親の名前は漏れていても良さそうなものです。
これはつまり、
岸井ゆきのの父親は芸能人だったり有名人ではない、と言うことを意味するのだと理解に至りました。
一般人のため名前も顔も公表されていないようです。

検索しても情報が出てこないわけです。(笑)

Sponsored Link


岸井ゆきのの家族の構成は?

岸井ゆきのの父親は古屋隆太ではなかった!じゃあ一体誰なの?

岸井ゆきのの家族構成は父親と母親と兄の4人家族です。

家族構成
・父親
・母親
・兄
・岸井ゆきの

家族全員一般人で名前も顔写真も公表されていません。

岸井ゆきのの母親はミュージカルが好きで、小さいころよく岸井ゆきのを連れて見に行ってたんだとか。

岸井ゆきの自身、演劇に触れる機会が多かったため、役者になりたいと思ったと語っています。

小さい時から演劇に触れることで英才教育を受けていたんですね。

演劇に触れる機会がなければ役者になっていなかったかもしれないと思うと、岸井ゆきのが役者へ進むきっかけを作ってくれたお母様に感謝です。

また、自身でも公言するほど兄が大好きで、将来は男の子になると思っていたそうです。

よほど兄のことが大好きだったんでしょうね。

兄と一緒に男子トイレに入れなくて大泣きしたこともあると語っていました。

とても微笑ましいエピソードで、兄のことが大好きだということひしひしと伝わってきます。
そんな兄とは今でも仲良しだそうです。

家族4人とても仲が良く、集まった時はよくいろいろな話をするそうです。

しかし、何でも話せるようになったのは25才以降なんだとか。

それまでは家族で集まることに恥ずかしさを感じていたそうです。

確かに、若いうちは家族で集まるって気恥ずかしさがありますよね。

しかし、今は家族の存在を愛おしく感じるそうです。

家族に対して「愛おしい」と言える人ってなかなかいないと思います。

この一言から岸井ゆきのさんの思いやりのある人柄がにじみ出ていますね。

Sponsored Link


岸井ゆきの、2世俳優じゃなくても大人気!

岸井ゆきのの父親は古屋隆太ではなかった!じゃあ一体誰なの?2世俳優なのでは?と噂されていた岸井ゆきの。

実は両親とも一般人で2世俳優ではないことがわかりましたね。

2世俳優の全員が親の7光で人気があるわけではありませんが、実力でのし上がってきた岸井ゆきのは老若男女問わず幅広い世代の方に人気があります。

その人気の理由は高い演技力です。

筆者自身岸井ゆきのの演技はとても大好きです!

そんな筆者が初めて岸井ゆきのを見たのは「愛がなんだ」という恋愛映画です。

演技力の高さにとても衝撃を受けたことを覚えています。

恋愛映画自体そんなに好きではなく、ごり押しされて見ました。

あまり乗り気じゃなかったこともあり、初めて見たときは、知らない女優だし大根役者だったら嫌だなと思いながら見始めました。

しかし、物語が進むごとに岸井ゆきのの演技力に引き込まれていき、気づいたら号泣していました。

岸井ゆきのが演じていた”てるちゃん”の心の葛藤や痛みや喜びが表情やちょっとしたしぐさで表現されていて瞬きも忘れて見入っていました。

恋愛映画で泣くことなんてあまりないので自分でも驚いたことを覚えています。

その映画がきっかけで、今ではナチュラルでリアルな演技をする岸井ゆきのトリコです。

岸井ゆきのは現在30歳ですが、最近では中高生の役まで違和感なく演じています。

少し童顔の岸井ゆきのですが、別のドラマでは天才科学者という少しキリッとした役柄も演じています。

幅広いキャラクターを演じることができる岸井ゆきのの今後の活躍に期待ですね!

Sponsored Link


まとめ

人気女優岸井ゆきのについて紹介していきました。

  • 父親は古屋隆太ではない。
  • 父親、母親、兄の4人家族で全員一般人。
  • 家族とは仲がいい。

岸井ゆきのの父親は古屋隆太さんではなく、一般人ということがわかりました。

しかし、古屋隆太さんと仲良く映っている写真を見ると実の父親のように慕っているということがわかります。

これからも岸井ゆきのの活躍に期待しています。

 

Sponsored Link


タイトルとURLをコピーしました